marikosuzuki’s blog

横浜 磯子区杉田 港南区芹が谷 上大岡の絵画教室 透明水彩 デッサン 生徒募集

杉田 毬の会 6月のお教室

f:id:marikosuzuki:20170611193803j:image

6月10日は杉田地区センターでのお教室でした。

 

水彩を描く方には紫陽花、

デッサンの方は枇杷を用意しました。

どちらも実家の庭から貰ってきました。

f:id:marikosuzuki:20170611194115j:image

白いお花は背景で浮き立たせて、あまり描き込まないのがポイントです。

 

 

毬の会では会員を募集しています。

現在9名のメンバーで活動しています。

ゆったりと落ち着いた大人の絵画サークルです。

marm4928@gmail.com

もしくは杉田地区センターまでお問い合わせ下さい。

活動日は毎月第2土曜日の午前9時から12時までです。

 

 

港南区東芹が谷 こども絵画教室

日曜日に加え、水曜日もお教室を開きました。

絵を描くのが大好きな男の子の作品です。f:id:marikosuzuki:20170610194445j:image

頭の中にある世界を、一緒に仕上げていくお手伝いをしています。

 

大きな魚がくると珊瑚の中に隠れてしまうスズメダイ。 

スズメダイは可愛いから、こわーい大きなお魚は来ない海なんだそうです。

f:id:marikosuzuki:20170610194814j:image

 

三鷹 絵画サークル

なかなかアップできない三鷹の絵画サークル。

ついつい楽しいおしゃべりの方に耳が…

そして今回も作業風景を撮るのを忘れてしまいました。

あわてて、描き終えた作品をパチリと撮らしてもらいました。

今回のモチーフは毛糸です。

f:id:marikosuzuki:20170610193557j:image

軟らかい雰囲気を出しつつ、しっかりと下地ができてますね。

2時間の教室でここまで描ければ、

あとはよく乾かしてから描写に入ると良いと思います。

 

広告を非表示にする

港南区東芹が谷 絵画教室

東芹が谷のお教室では、生徒を募集しています。

 

大人からこどもまでご指導いたします。

美大受験の方は高校2年まで。

予備校に行く前までの指導です。

 

透明水彩、鉛筆デッサンでの制作を通して、

絵画の基礎を学びます。

他ご希望の画材での制作はご相談ください。

 

絵画は答えや順位のない世界です。

オンリーワンの一枚を作り上げるお手伝いをしたいと思います。

 

詳細は

marm4928@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

 

参考までに

レッスン基本単価は1000円〜1500円/1時間 です。

人数、内容によって変わります。

杉田 毬の会 5月のお教室

5月13日は杉田地区センターでのお教室でした。

雨でしたが、全員参加です。(早退はいました)

 

4月の更新を忘れたので、合わせてアップします。

これは4月のモチーフ。

鉛筆デッサンをする方が増えたので、

着彩の方とデッサンの方が両方学べるようなモチーフになるよう準備しました。

しばらくはこんな感じでいこうと思います。

f:id:marikosuzuki:20170516211932j:image

 f:id:marikosuzuki:20170516211951j:image

f:id:marikosuzuki:20170516212013j:image

東芹が谷 こども教室

こども絵画教室では生徒募集中しています。

marm4928@gmail.com

までお問い合わせ下さい。

無理体験も受け付けています。

 

f:id:marikosuzuki:20170327182020j:image

26日のお教室のモチーフです。

厚み、角度、奥行きを学びました。

本の厚みや、瓶の丸さに注意して下描きしました。

難しい挑戦でしたが、

よく理解して描いてくれました。

 f:id:marikosuzuki:20170327182317j:image

f:id:marikosuzuki:20170327182334j:image

f:id:marikosuzuki:20170327182352j:image

 

杉田 毬の会 3月のお教室

毎回、私がどんなモチーフか予想をしてこられるメンバーの一人が、

今日はかなり予想と違った!と悔しそうにしてた今回のモチーフ。

f:id:marikosuzuki:20170317151556j:image

春なので花だとばかり思っていたそうです。

鉛筆デッサンの方と、水彩の方が一緒に描けるように考えてみました。

 

瓶を描くのは基本中の基本です。

中心軸をとって左右対称に、手前ある瓶、

奥にある瓶の位置がわかるように描きます。

f:id:marikosuzuki:20170317152821j:image

 臨在感を意識て描いてもらいました

次回は4月8日です。

お席はあと一人分くらいです。